image_1

ヤマベニのしごと 

「先めっき」、プレスの前にめっきをすると、メリットがこんなにあります!

ヤマベニのしごと

 

「先めっき」、
プレスの前にめっきをすると、
メリットがこんなにあります!

work_1

複雑な素材へ加工するプレス後のめっき加工に比べ、”先めっき”は素材が単純なテープ状なので加工が簡単で最大50%のコストカットが可能です。

work_3

めっき厚のバラツキが発生しやすいプレス後のめっき加工に比べ、”先めっき”はめっき厚のバラツキが発生しづらく高品質のめっきが可能です。

work_2

加工段階で素材が変形することがあるプレス後のめっき加工に比べ、”先めっき”は加工段階で素材が変形することはありません。

work_4

硬い素材で金型が傷みやすいプレス後のめっき加工に比べ、”先めっき”はプレス金型にやさしく金型を傷めにくいので金型の長期使用が可能です。

メリット

コストが安くなる!

コストが安くなるのは、プレス加工する前であるので、素材が単純なテープ状であるのでメッキが容易なのです。

メリット

部品の変形がない!

部品の変形がないのは、プレス加工後のメッキではメッキで部品素材が変形することが多いのです。先めっきはめっきで変形することがまったく無いのです。

メリット

めっき厚のバラツキが少ない!

めっき厚のバラツキがすくないのは、プレス加工による成形でめっき厚にバラツキが発生するのです。先めっきはプレス加工による成形前であるので形状は単純でバラツキが生じにくいのです。

メリット

プレス金型にやさしい!

プレス金型にやさしいのは、硬い素材で金型が痛みやすい場合もプレス前にメッキをしているのでそれが緩和されるのです。

国内にあった生産工場が海外に移転し、加工へのコストと品質・機能の高いバランスを求められる現代だからこそプレスの前にめっきをする「先めっき」のメリットに注目が集まっています。「先めっき」によってコストダウンを図り、過去には採用できなかった国産高機能素材を使用し、加工部品の要求機能を高めることが可能になります。